あぐりぼんロゴ

あぐりぼんの想い

高松市の中心部から車で約30分。自然豊かな香川県東部の三木町で、イチゴ「女峰」を栽培しています。
エネルギー事業を営む四国電力が、「四国の農業活性化に貢献したい」との想いを胸に、全国的に生産量が減少し、希少価値が高まっている女峰の栽培を主な事業目的として、地元篤農家、果実専門店の(株)銀座千疋屋、青果流通事業者の(株)テンフィールドとともに、2018年に設立しました。
瀬戸内の豊かな日差しと自然に恵まれたイチゴの里、三木町から、美味しい女峰を皆さまにお届けしたい。その想いを込めて、スタッフ一同、一粒一粒真心を込めてイチゴ栽培に取り組んでいます。
あぐりぼんという社名は、農業を意味するAgriculture(アグリカルチャー)と、イチゴの贈り手と受け手の真心を結ぶRibbon(リボン)をかけあわせました。農業で地域を再生(Reborn)したいという想いも込めています。

女峰画像

女峰へのこだわり

食べた瞬間口いっぱいに広がるどこか懐かしい風味。甘みと酸味のバランスに優れ、コクのある深い味わいが特徴です。また、きれいな円錐形の果実は果芯に空洞がなく、カット断面も鮮やかな紅色で、食味・色・形ともにこれぞイチゴ!という品格が漂います。私たちはこの品種に惚れ込みました!
「多くの手間がかかっても、自信をもって提供できるイチゴを食べてもらいたい。」 お客さまの笑顔を思い浮かべながら、一粒一粒丁寧に、真心を込めて栽培しています。

女峰画像
女峰画像
生産者画像

生産者の想い

お年寄りからお子さままで、世代を問わず多くの方に愛されるイチゴ。それゆえに、美味しさはもちろんのこと、皆さまに安心して召し上がって頂けるよう、適正に生産工程を管理し、食品の安全を第一に考えて栽培しています。

また、食品安全に加えて、環境保全(廃棄物の適正処理など)や労働安全(作業中の事故回避など)にも十分に配慮して取り組んでいます。

将来は、事業規模の拡大や6次産業化を目指すほか、イチゴ農家としての就農希望者を研修生として受け入れること等により、地域のイチゴ産業の魅力を高める一翼を担っていきたいと考えています。

代表者のメッセージ

あぐりぼん株式会社 代表取締役社長 内海 英樹

あぐりぼん株式会社

代表取締役社長内海 英樹

「電力会社がなぜイチゴの栽培を!?」あぐりぼんを設立したとき、多くの方からそんな声を頂きました。
あぐりぼんの親会社である四国電力は、四国を基盤とするエネルギー事業者ですが、“地域とともに”という企業理念のもと、地域産業の発展に貢献したいとの想いから、四国の基幹産業の一つである農業の活性化に資する事業への参入を模索してきました。

イチゴ「女峰」の栽培事業への参入は、そうしたなかで、地元の篤農家さんとの出会いがきっかけとなりました。
女峰一筋の農家さんが、一粒一粒、真心を込めて栽培されたイチゴを頂いたとき、「おいしい!」、心の底からそう感じました。なんとも素朴で懐かしく、心ひかれる味わい-。一瞬で女峰に魅せられてしまったのです。
聞けば、女峰は全国のイチゴの生産量の1%に過ぎず、主な産地は香川県とその他一部地域のみとなっているとのこと。そして、全国に先駆けて高齢化が進む四国では農業の担い手不足が大きな課題となっており、それはイチゴ農家においても同じ状況だとお聞きしました。
こんなに美味しい女峰をもっと皆さんに知って頂きたい!そして、女峰が長く愛され続けるよう生産者を増やしていきたい!自然とそうした想いが芽生え、そのときから、農家さんと手を携えての女峰生産の事業化検討が始まりました。

そして、農家さんの従来からの取引先であり、女峰の生産拡大を期待していた銀座千疋屋さん、青果流通事業者のテンフィールドさんとも事業化に込めた想いを共有することとなり、それぞれの強みを生かした共同事業会社「あぐりぼん」の設立に至りました。
生産者・流通事業者・小売事業者と地域に根差した電力会社という多様なパートナー、そして何より女峰が大好きなスタッフが一丸となって、美味しいイチゴを皆さまにお届けできるよう心を込めて頑張ってまいります。あぐりぼんの取組にぜひご期待ください!