あぐりぼんロゴ

あぐりぼんの想い

高松市の中心部から車で約30分。自然豊かな香川県東部の三木町で、イチゴ「女峰」を栽培しています。
エネルギー事業を営む四国電力が、「四国の農業活性化に貢献したい」との想いを胸に、全国的に生産量が減少し、希少価値が高まっている女峰の栽培を主な事業目的として、地元篤農家、果実専門店の(株)銀座千疋屋、青果流通事業者の(株)テンフィールドとともに、2018年に設立しました。
瀬戸内の豊かな日差しと自然に恵まれたイチゴの里、三木町から、美味しい女峰を皆さまにお届けしたい。その想いを込めて、スタッフ一同、一粒一粒真心を込めてイチゴ栽培に取り組んでいます。
あぐりぼんという社名は、農業を意味するAgriculture(アグリカルチャー)と、イチゴの贈り手と受け手の真心を結ぶRibbon(リボン)をかけあわせました。農業で地域を再生(Reborn)したいという想いも込めています。

女峰画像

女峰へのこだわり

食べた瞬間口いっぱいに広がるどこか懐かしい風味。甘みと酸味のバランスに優れ、コクのある深い味わいが特徴です。また、きれいな円錐形の果実は果芯に空洞がなく、カット断面も鮮やかな紅色で、食味・色・形ともにこれぞイチゴ!という品格が漂います。私たちはこの品種に惚れ込みました!
「多くの手間がかかっても、自信をもって提供できるイチゴを食べてもらいたい。」 お客さまの笑顔を思い浮かべながら、一粒一粒丁寧に、真心を込めて栽培しています。

女峰画像
女峰画像
生産者画像

生産者の想い

お年寄りからお子さままで、世代を問わず多くの方に愛されるイチゴ。それゆえに、美味しさはもちろんのこと、皆さまに安心して召し上がって頂けるよう、適正に生産工程を管理し、食品の安全を第一に考えて栽培しています。

また、食品安全に加えて、環境保全(廃棄物の適正処理など)や労働安全(作業中の事故回避など)にも十分に配慮して取り組んでいます。

将来は、事業規模の拡大や6次産業化を目指すほか、イチゴ農家としての就農希望者を研修生として受け入れること等により、地域のイチゴ産業の魅力を高める一翼を担っていきたいと考えています。

代表者のメッセージ

あぐりぼん株式会社 代表取締役社長 三崎 佑樹

あぐりぼん株式会社

代表取締役社長三崎 佑樹

志望動機は「生まれ育った四国に貢献したい」でした。私は、そんな夢を抱いて四国電力に入社して以来20年間にわたり、営業、企画、広報とさまざまな仕事に携わってきました。その中でも常に、「四国」を意識し、自分たちに何ができるのか?を考えていたように思います。

香川県の農業経営体はこの10年間で約3分の2に減少し、耕作地も2割以上減少しています。日本各地、いや世界の人から愛される農作物を作ることができる、気候にも大変恵まれた香川県なのに・・・です。

そこで私たちは、まず、いちごの生産事業から、自分たちでできる「農業ビジネス」を考え、実践することにしました。

実践にあたっては、ここ三木町で10年以上にわたって「女峰」を栽培し、全国にお客さまを持つ大先輩の農家さんと一緒に、未来を語り合い、現実に悩みながら進んでいこうと考えています。私たちが目指すのは四国、いや全国の若者が、「三木町でイチゴを作って生活したい」と思えるような事業スキームを作ること。今もひたむきにイチゴを作っている先輩農家の皆さまが、自分の子供たちに「自分のファームを引き継がせたい」と思える環境づくりのお手伝いをすること。壁は高く、何枚もありそうですが、まずは自分たちでできることをコツコツと。電気事業と同じく、長い視点で少しずつ。守るべきものを守りつつ新しいことにも果敢に挑戦し続けます。

さて、私たちが作っている「女峰」。皆さま、遠い昔、一度は食べたことがあるのでは?今や、生産者が減って全国シェアは1%。香川県の他は極々一部の地域だけでしか作られていない希少品種です。しかしながら、最近の「甘さ」を売りにする品種とは違って、酸味と甘みのバランスが絶妙の深い味わいが特徴です。そのままパクパクと食べてもよし、お菓子作りに使ってもよし。実は、クリームチーズなどを組み合わせればお酒にも抜群にマッチします。ぜひ一度、ご家族みなさんでご賞味いただければ幸いです。